たまってしまった画像の処理が億劫でタイムラプスのアップは停止中です
息抜きと春の銀座の写真展の練習を兼ねて、星景写真のスライドショーをつくってみました
画像の選択も順番も行き当たりバッタリのめちゃくちゃです^^;;
YouTube Preview Image
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

2

年が明けて、気づけばもう9日、成人の日。
今年は、どんな星空と出会えるか夢だけは大きくいきたいものです。
この年末年始は天候に恵まれたおかげで3度も遠征に出かけることができました。
と言っても、関東近郊から離れることはできませんでした^^;;


最初は、西湖での撮影です。
北関東、北信濃のGPVの予想が悪く、山梨・静岡方面からの場所選びでした。
その中でも、これまで一度も天候に恵まれなかった西湖に決めて車を走らせました。
西湖につくと、ロケハンで決めていた場所に車が2台すでに停まっていたので、別の場所を
探すことにしました。
ずぅっと左に回ったところにボートを係留する浮桟橋があったので、その近くで撮影をしました。
空の状態がよく、高所並みの星空に仕上げることができました。

次は、長野県の阿智村です。
天気予報では、雪マークと晴れマークの境目、雪景色の星空を期待して出かけました。
近くに高速の出口がないことと、事前の下調べをしなかったこともあり、数十キロ先の中津川
ICまで行って、戻ってくることになってしまいました。
そのせいもあり、到着したのは深夜になってしまいました。
目的地に着くと、雪が舞っているものの星がたくさん見えています。
しかし、冬の星座が進む方向が異常に明るくなっています。
どうやらお正月シーズンに合わせて、徹夜で降雪機を動かしているようでした。
二晩目は、積もった雪が解けてしまいましたが、素晴らしい星空に恵まれました。


この撮影の帰りに次回のためのロケハンとして寄ったところに、星景撮影者に対する苦言を
綴った看板がありました。
道をふさいだ撮影、夜中のおしゃべり、車の乗り入れ、ましてやライティングなど、住民の方には大変迷惑なことなのでしょう。
地元の方に迷惑をかけないように、細心の注意をもって、また写させていただいている気持ちで撮影しようと改めて心に誓いました。

そして、最後は山中湖からの星空です。
富士五湖では、河口湖が残っていたのですが、昔ながらの天文屋のせいか、少しでも星空がきれいな場所へとなってしまいます。
パノラマ台はメジャーになって人が多そうだったので、キララの大きな駐車場に車を停めて、オリオン座が富士山の上に架かるのを待ちました。
ここで驚いたのは、灯りを煌々とつけてカメラのセットをして撮影する方が増えたことです。
自分の撮影の際は、当然消すので影響はないのでしょうが、回りの方の困っている様子が大きな独り言で伝わってきました^^;;
山中湖の星空は、まだ現像中。次回へつづく
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

2

週末の星空は大変貴重です。
今週末の予報はめずらしく快晴。二週連続して星空撮影に行くことができました。
月と金星が綺麗に並んだ星空をしり目に、仕事を終えて、そのまま近くのインターチェンジから高速に乗りました。
目的地は、東御の「くるみの木」
平日の夜なら、一人で撮影ができそうです。
先週は、足元も見えない濃い霧の中でしたが、今夜はバッチリと星空が見えています。
しかも、透明度抜群!!
オリオン座が昇ってくるのに合わせて撮影を始めました。
来週には、タイムラプス動画にしてアップしたいと思っています。
044img_1700
036img_0506

066img_2250sブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

今年の湯の丸高原のスキー場開きが11月中旬と聞いて、降雪機の動く前に冬の星空を撮影に行きました。スキー場の開設前には、毎年、夜通しゲレンデをライトで照らし、降雪機を動かしています。ここは、標高が高いせいか他のスキー場よりも早く賑やかな夜となります。
11月の初めの週末、気温は氷点下を大きく下回り、近くのキャンプ場に人影もなく、登山者もいません。
湯の丸山登山口の奥にある「臼窪湿原」は、かすかな夜の靄が流れ、空には冬の満天の星空が広がっていました。
湯の丸山に夏の大三角が沈むと、東の空から、冬の星座の王者「オリオン座」がのぼってきました。
画像の上をポチるとYouTubeにとんで動画がスタートします。
YouTube Preview Image
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

富士山からのぼるオリオン座を、ひと足先に撮影したくて、朝霧高原に出かけました。
いつも撮影に使っている場所は、牧草地から富士山が見渡せる道路脇ですが、
背の高いトウモロコシ畑に変わっていました。
急遽、場所を変えての撮影でしたが、いつもの富士山と星空の関係を崩さないで
撮影をすることができました
富士山の山頂からのぼるオリオン座大星雲は、まるで富士山から生まれ飛び立つ
火の鳥のごとく、素晴らしい眺めでした
YouTubeに4Kタイムラプスにしてアップしました
YouTube Preview Image
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

埼玉県の望遠鏡会社と地元の観光協会が「タイムラプスのメッカ」として売り出し中の美ヶ原
メッカなら巡礼(撮影)に行かないわけにはいけないというわけで、この夏は何度も美ヶ原高原に
撮影にでかけました
日没から、月没、満天の空、月出・・・という、一連の流れでの構想での撮影が今回のミッション
せっかく出かけても撮影できない日もありましたが、なんとか数分のタイムラプス動画の素材と
して、画像を集めることができました
タイムラプスと言っても、所詮、一枚一枚の画像のパラパラアニメです
一枚一枚の画像のクオリティーが高くなければいい動画になりません
下の画像は、タイムラプスから抜いた画像のいいところを集めてみました

牛伏山の夕空
008IMG_0334
王ヶ頭ホテルに沈む月
IMG_8133
美しの塔Ⅰ
047DSCF4276ps
美しの塔Ⅱ004IMG_6941
牛伏山と夏の大三角
017IMG_5938s美ヶ原高原美術館駐車場からの暁月
001DSCF3975
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

今年は天候不順の夏でしたが、晴れ間を見つけてなんとか星空の撮影に行くことができました。下の写真は、長野県原村で開催された「原村星まつり」の一コマです。
全国から数千名の星好きが集まる、国内最大の星まつりです。たくさん集まった大きな望遠鏡を見比べたり、メーカーの最新機器に触れたりして楽しむことができました。
原村ほしまつりこの夏の最初の撮影は、真田丸で注目を浴びている長野県上田・東御方面。
木管楽器や弦楽器の練習音が流れる音楽堂の周りに咲くラベンダー、丘の上のくるみの一本木を星空の前景にして撮影することができました。くるみの木の場所での撮影は、タイムラプス動画にすることもできました。
ラベンダー畑ラベンダー畑
くるみの木くるみの木
YouTube Preview Image

次に出かけたのは、山梨県北杜市の棚田地区です。ここは、昔大好きだったテレビドラマのロケ地として使われた思い入れのある場所です。ここでは、南の空の暗さを生かして、甲斐駒と中望遠レンズでの夏の天の川のアップを狙いました。赤道儀はポラリエを使用しました。135mmレンズでも、ガイド精度は余裕なので、とても手軽に撮影できました。
IMG_6475s
秩父山塊にのぼる暁月
koma2s甲斐駒ケ岳とM16,17
ngc7000sはくちょう座付近の散光星雲
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 

 

6

梅雨空がつづいてます。
週末に撮影ができないので、画質が悪くてアップを諦めていた
今春に撮影した画像を編集して、タイムラプスにしてみました
気温が上がると、カメラによって輝点ノイズが増えてきます
同機種でも個体差が激しくなります
CANON EOS 6D と FUJI X-E1 を2台ずつ使っていますが
まったく別のカメラかと思うほどの個体差です
今回は、ノイズをいじらなかったので、激しいノイズのままの
シーンがあります
朝霧高原からの星空をYouTubeでご覧ください
画像の上をクリックするとYouTubeにとびます 音量注意です^^;
YouTube Preview Image
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

IMG_9279p
①織姫星と彦星は、恋人ではありません
仲の良い夫婦でしたが、仕事をさぼって遊び続けたため天の神様に1年に1度しか会えなくされたのが七夕伝説です。
②短冊の色は、5色に決められています
青色は織姫星。黄色は彦星。赤は夏の代表的な星座さそり座のアンタレス。白は天の川を表し、黒は夜空の色を表しています。黒は縁起が悪いと言うことで、のちに紫色に置き換えられました。
③実際に織姫星と彦星は、近づくことはありません
織姫星と彦星は、実際には光の速さでも15年もかかる距離にあり、仮に20歳の彦星が光の速さで織姫星に会いに行って戻ったとしたら50歳?
④織姫星はカカア殿下^^;
彦星は0.8等、0.0等の織姫星ベガの方か少し明るく輝いています。
⑤二つの星の距離15光年は、実はとっても近い距離でした
星の命を100億年とすると、15年を人間の人生にあてはめると、たった5秒にしかなりません。
⑥七夕は夫婦の節句か??
3月3日は女の子の節句。5月5日は、男の子の節句。7月7日が七夕。ちなみに9月9日は、菊の節句です。
⑦今年の実際の七夕は、8月9日
旧暦の7月7日が本当の七夕です。伝統的七夕と呼んでいます。南の空に半月が出ているので、天の川が良く見えるのは、夜遅くなってからとなります。まさに、おとなの時間\^^/今夜見れなかったら8月9日にまた挑戦しましょう!!
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

梅雨空を押して、星空の撮影に行きました
今回は、標高が低い人里の中での撮影です
湿度も高く、雲がたくさん湧き上がっている中での撮影でした
天の川を炙りだすのに苦労しましたが、なんとか動画にできました
YouTube Preview Image
ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村