コンテンツへスキップ

1月に体調を崩したこともあり、個展の忙しさや企業からの作品依頼もあり、天文雑誌への応募はやめようと思っていました。しかし、月初めに恒例のように楽しみにしていた天文雑誌の発売を待つワクワク感のない寂しさを味わい、たった一か月での心変わりです。
3月は、その応募のためだけで新月期に5か所も遠征をしました。その甲斐あってか、4月5日発売の「天文ガイド」と「月刊星ナビ」の両誌に採用していただきました。
一誌に3点ずつ応募しますが、今回も両誌とも自分の順位とは真逆の作品が選ばれています。自分のセンスのなさには呆れます。とはいうものの、無理して3点出してよかったと思うのでした。
天文ガイド5月号で採用していただいた作品「展望台からの星空」。展望台に人を入れたらインスタ映えしそうと思いましたが、あえて誰もいない寂しい展望台からの星空です。講評で構図を褒められたのがとてもうれしく思いました。星はきれいに出せても、風景写真としてまったくの素人です。少しは腕があがっているのならうれしいです。

星ナビ5月号は「リングにダイヤモンド」。あまりよい空ではありませんでしたが、題名での受け狙いでの応募でした。カップルがロマンチックに夕日を眺める有名地がロケ地です。

多くの友人たちは、撮影行をブログにまとめていますが、私はフェイスブックのタイムラインにその場であげているので省略です(;'∀')てぬき~

1月号からの勝敗表
天文ガイド 1・5月号
星ナビ   2・3・5月号
というわけで星ナビが一歩リードですが、今月の新月期は撮れていないんですよね~(;'∀')打ち止め感が漂っています・・・。

↓下のバナーを一日一回ポチっとしていただけると大変励みになります\^^

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

にほんブログ村



Hit Counter provided by Curio cabinets