コンテンツへスキップ

土曜日に出かけた山中湖での画像を見ていたら、大きな流星を発見!!
この夜は、カメラを5台設置していたので、他のカメラのデータも調べたら写っているじゃないか^^;
ということで、山中湖からの富士山と大流星☆彡×2
hhhss IMG_0146kk

ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

ラブジョイ彗星が4等級に突入!! メディアでは紹介されていませんが、オリオン座の下に肉眼彗星として見えています 昨年、フィーバーしたアイソン彗星より明るくなっています これをカメラにおさめると、きれいな尾を捉えることができます
lovejoy141228-1
ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

シリウスの下で、ラブジョイ彗星が明るくなってきました
現在、5.5等級ということで、暗い空なら双眼鏡で楽々と見つけることができます
これをデジカメで写すとビックリ!!尾がしっかりと写るではありませんか☆彡
これからお正月にかけて、オリオン座の下、うさぎ座に移動するラブジョイ彗星に注目です。
DSSでコンポジット
上:Comet Stacking モード
下:Stars+Comet Stackingモード
kk2s


kk3s
彗星の場所は↓
吉田誠一さんのHPでどうぞ
http://www.aerith.net/comet/catalog/2014Q2/2014Q2-j.html
ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

2

蓼科山が雪にうずもれる前に撮影してきた画像をタイムラプスに編集しました
蓼科山は七合目、2,000mを超える標高があるので、初冬の澄んだ空気と相まって素晴らしい元画像を手に入れることができました
そこで、クリスマスの時期に合わせて、ハデハデの画像処理をしました
タイトルもクリスマスカラーにしましたが、最初に出てくるシーンが鳥居というミスマッチ^^;でした
来年は、どこか素敵な教会やツリーを前景に作ってみたいです
飛行機もたくさん飛んでいますが、オリオン座がアップになった時に、静止衛星がたくさん写ってびっくりしました
星の動きに合わせてカメラを移動させているので、静止衛星が逆に星座の中を移動していきます^^
YouTube Preview Image
ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 

三菱自動車の「見上げるプロジェクト」にタイムラプスが紹介されました。
初めてタイムラプスを撮影した2年前の作品。
IR改造のしていないカメラが2台、スライダーも使っていなくて、ポラリエでパンをしているだけのシンプルな作品でした。
でも、こまシンプルなのが逆に新鮮で、今のより良かったりして^^;
この夜の戦場ヶ原は-20℃を下回り、星空の中でも雪が吹き付ける厳しい環境でした。
この頃は、まだ星景写真が流行っていなくて、週末の夜でも誰も撮影に来る人がいませんでした。

三菱自動車「見上げるプロジェクト」
http://www.mitsubishi-motors.com/…/e…/star/movie/201412.html

YouTube Preview Image

元になった動画
「戦場ヶ原の冬空」
ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

ひと足先に「ふたご座流星群」を撮ろうと、starwalkerさんと一緒に、富士山ろくに出かけました。
後から月が昇ってくるのて、富士山を美しく撮るなら「山中湖」。冬の星座と富士山、流れ星をいっしょに撮るなら「朝霧高原」という、究極の選択から、やはり「星空あっての星景でしょ」ということで、朝霧高原に向かうことにしました。
途中、高速道路に乗るまでが大渋滞、しかし、いつも混む八王子付近はガラガラすいすいで、思ったより早く到着できました。
富士山の頭には雲がかぶっていましたが、ちょうどオリオン座が昇ってくるところでした。
IMG_7362

着いたときは、もっと雲がおおかったのですが、オリオン座がのぼるにつれて、きれいな星空になりました。
IMG_7778

IMG_9069

月が上ってからのほうがたくさん流れました。2つ同時に流れたり、1分間に5つの流れ星がとんだりすることもありました。
ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

いろいろある流れ星の話の中から、なるほどと思えるものを集めてみました

  1. 流れ星がどうして願い事を叶えてくれるの?
    この世界を作った神様が、たまに天の窓を開けて地上の様子をのぞいています。その窓を開けたときに天国から漏れ出した光が流れ星になって見えるといいます。だから、ちょうど神様が地上の様子を見ているときだから、願い事が叶いやすいというお話です。 だから、神様に目立つように願い事を3回唱えるといわけです。目立つということから、大きな声で唱えたり、大きなジェスチャーで願い事を表したりする地方もあります。
  2. 日本に伝わる美人になる願い事
    昔の日本の美女とは、長い髪が黒くてきれいな色白の人だったようです。 そこで、流れ星の見えている間に、「黒髪、長髪、色白」と唱えたそうです。これなら、練習次第で、星の流れる短い時間に言えるかもしれません。 いまどきなら、「美白、美肌、ダイエット」?←これ、私のつくり話^^;
  3. 流れ星がたくさん流れて星が無くならないの?
    流れ星は、夜空に輝いている星が落ちてくるのではないから、星が無くなる心配はありません。実際には、宇宙を漂う1mmぐらいのチリ(彗星が通った後に残したチリと言われています)が、地球に降ってきた時に地上100kmぐらいの大気との摩擦で光っています。スペースシャトルから見たら、宇宙側ではなく真っ暗な地球側にスーと流れ星が見えています。
  4. ふたご座ってどんな星座?
    この時期の多くの流れ星の流れ出す方向を線で結ぶと、多くがふたご座の方向から流れだしていることがわかります。このふたご座の方向から飛び出してくる流星を「ふたご座流星群」です。
    ふたご座は、オリオン座の頭の上にある星座です。ギリシア神話の中では、弟ポルックス、兄カストルの双子になっています。弟のポルックスは神であり不死ですが、兄のカストルは人間で、死ぬ運命にありました。兄思いのポルックスは、さらに上の神に頼み、自分の不死性を兄に半分分け与えてもらいました。このため、双子は、1日の半分は神として天の上で過ごし、残りの半分は地上で人間として今も楽しく暮らしているという英雄の星座です。実際の星では、弟のポルックスの方が神のせいか、兄カストルより少し明るく輝いています。
  5. ふたご座流星群をたくさん見るコツがある
    ふたご座流星群が一番たくさん見えるのは、12月14日の夜と予報されています。この流星群は前後数日間にわたってたくさん見ることができます。そこで、12日~14日の夜、できるだけ暗いところで空の開けたところで見るとよいでしょう。もし、月が出ている時間や明るい街中でも、月や街灯のあかりが直接目に入らないように見ましょう。14日は、月がのぼってくるのも夜半近くになるので、特にチャンスです。

    去年のふたご座流星群☆彡月明かりの中でもたくさん見られました^^
    YouTube Preview Image
    ブログランキングに参加しています
    いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
    ↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
    にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
    にほんブログ村

先週末は、高崎への出張でした。
高層ビルの高崎市役所からの夜景がとっても綺麗でした。赤城山や榛名山は雪雲をかぶって、みるみる山肌が白くなっていくのを見ていました。本格的な冬に包まれていくような気がして、身体も冷え込みました^^;
さて、近頃は昔の星屋の血が騒ぎ、星景と言っても星空にウエイトを置いた星野写真のような画を好んで撮っています。中望遠も使ってM45(すばる)なども撮りました。これらを入れたタイムラプスをただ今編集しています。
orion1130m45-1

ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 

 

2

星景写真の多くは、星々の色を落して景色をカラフルにしているようです。
逆に、景色をモノトーンにして、星空をカラフルにしたらどんな画になるでしょう。
星雲星団を直焦点で撮られている方々の多くは、わずかな色を抽出してカラフルな画を作り上げています。
その技巧を利用して、カラフルな星空にしてみました。
大鳥居とオリオン大鳥居の上のオリオン
IMG_7182オリオン座とおうし座
IMG_7693ボラリエと北斗七星
ブログランキングに参加しています
いつもポチりしてくれてありがとうございます^^
↓ 今夜も、こちらをポチっとおねがいします。他の方の星景写真も見られます^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


Hit Counter provided by Curio cabinets