コンテンツへスキップ

ニッコウキスゲと星空

花のある星空の撮影には、花をきれいに写すためのライティングが必要です。
しかし、ライティングは星空に光を放つことにつながるので、天の川を守る私たちの姿勢に反するものです。花も星空もきれいに撮りたい。しかし、環境を乱す行為は、極力避けたい。ましてや、そのライトアップをした撮影をまねして、夜の桜の撮影のように自分本位なライトアップ撮影が横行することも心配です。
だからと言って、自分でライトを当てなければいいと偶然通りかかった車や観光客のライトでの撮影も詭弁とし捉えられてしまいます。そこで、ライトアップに代わる自然光の月明かりを利用して撮影します。どんな月でもよいという訳でありません。満月近い月では明るすぎてしまいます。クッキリとした天の川を同時に写すには、上限前や下弦後の月明かりが適しています。昨夜は、ちょうど下弦の月、雲の多い空なのでロケハンを兼ねた撮影に行ってきました。
来週末までに晴れれば、本番の撮影に臨みたいと思います。
ニッコウキスゲと天の川

月出の高原

ブログのランキングに登録しています
↓今夜も、こちらをポチっとしていただけるとうれしいです\^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Hit Counter provided by Curio cabinets